PR

 NECは2009年2月13日、厚さ1mm以下で折りたためる特性を持つ「有機ラジカル電池」の出力特性を向上したことを発表した。これにより、従来比3倍の出力密度を実現できた。また、1万回以上の繰り返し充放電が可能なことを実証した。薄型・省スペースで高出力が求められる、LEDフラッシュなどの電源として搭載できる見通しが得られたという。

 有機ラジカル電池は正極にプラスチックの一種である有機ラジカル材料と、炭素繊維を複合した電池。有機ラジカル材料は電解液を浸透させることで固体と液体の中間状態にある「ゲル状態」にしているため、自由に折り曲げることができる。今回の発表では、有機ラジカル材料と炭素繊維の均一性を改良することで正極の内部抵抗を低減し、電池の出力密度を従来比の3倍となる1リットル当たり5kWに向上した。

 また、有機ラジカル材料と電解液とのなじみやすさを改善することで、放電の安定性を向上し、1万回以上の繰り返し充放電が可能であることを実証した。厚さ1mm以下の500円玉サイズの有機ラジカル電池の場合、2Wの出力と100mAの放電で1万回の繰り返し充放電ができた。

 今後は、出力密度や信頼性の向上を進めるとともに、非接触充電技術などと組み合わせることで高機能ICカード、電子ペーパー、ウエアラブル端末などへの応用も目指していく。NECは今回の研究成果を、2009年2月18日から2月20日まで東京ビッグサイト(東京都・江東区)で開催される「国際ナノテクノロジー総合展」で展示する。