PR

 エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)は2009年3月、Socket AM3用のマザーボード「790GX-G65」を発売する。実勢価格は約1万8000円。

 790GX-G65はチップセットにAMD 790GX+SB750を採用した、Socket AM3のATXマザーボード。チップセット内蔵グラフィックス機能の描画性能を引き上げる、専用グラフィックスメモリー「DDR3サイドポートメモリ」を128MB装備する。AMDの独自技術「ATI Hybrid Graphiscs」や「ATX CrossFireX」に対応する。

 対応メモリーはDDR3-1600/1333/1066で、最大16GBまで搭載可能。DDR3-1600は、オーバークロックによるメーカー独自の対応としている。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×2(x16×1またはx8×2)、PCI Express x1×2、PCI×2。Serial ATA×5、eSATA×1、Ultra ATA 133×1を装備する。

 Realtek Semiconductor「ALC889」による8チャンネルオーディオや、同「RTL8111DL」によるGigabit Ethernet、VIA Technologiesの「VT6315N」によるIEEE 1394aなどを装備する。映像出力端子として、バックパネルにHDMI×1、DVI-D×1、ミニD-Sub15ピン×1を備える。

 CPUのオーバークロック上限値を自動的に検出する「MAX FSB」、マザーボード上でCMOSクリアや電源のオン/オフ、リセットができる「Easy Button」、ケースの電源やLEDの配線を一つにまとめる「Mコネクター」を備えている。