PR

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは2009年2月15日、Mobile World Congress 2009の開幕に先立ち、バルセロナ市内でプレス・イベントを開催。フル・タッチパネル式のエンタテインメント端末「Idou」(アイドウ)を初公開した(写真1)。

 Idouは、同社がこれまで開発してきたウォークマン携帯やサイバーショット携帯などの人気機能を取り入れた機種。ハード・キーを排した3.5インチのフル・タッチパネル式の本体に12.1メガ・ピクセルのカメラ機能を搭載(写真2)。タッチ式のメニュー画面を通して音楽や動画を楽しめ、同社が運営するコンテンツ配信サービス「PlayNow」を通してのコンテンツ購入も可能という。端末プラットフォームは、Symbian FoundationのOSを採用する計画。その他のスペックについては現時点では非公表となっている。発売は2009年の第2四半期の予定。なお Idouという名前はコンセプト名であり、最終的な製品名は別になるという。

 Idouは、同社が今回のプレス・イベントで発表した「Entertainment Unlimited」という新ブランド戦略を象徴する端末である。Entertainment Unlimitedとは、リッチなコンテンツやユニークなアプリケーションなどベスト・クラスのエンタテインメント環境をユーザーに届けていくというソニー・エリクソンの新しい考え方だという。

 一方で同社は、昨年のMWCにて「XPERIA」というサブブランドを発表。第1弾端末としてWindows Mobileを搭載した「XPERIA X1」を公開(関連記事)したが、今回のプレゼンではその点について一言も触れなかった。同社の真の狙いについては、イベント終了後にソニー・エリクソンのキー・パーソンで開発部隊を統括する坂口立考コーポレート・バイス・プレジデントにインタビューしたので、後ほどお届けする予定だ。