PR

 NECとNECアクセステクニカは2009年2月16日、通信サービス会社各社に提供したIP電話対応モデムのソフトウエアに不具合があり、電源を入れてから約6年9カ月(2485日)間、連続して利用すると、電話の発着信ができなくなると発表した。ファームウエアの更新で問題を解消できる。

 問題が起こるのは2003年3月以降に通信サービス会社向けに提供されたIP電話対応の通信モデム。同期間にAtermブランドで出荷した240万台のうち、ファームウエアの自動更新に対応していない95万台と、NTTから顧客向けに提供された89万台の計184万台は、手動でファームウエアをアップデートする必要がある。暫定的な措置としては電源を入れ直すことで、問題の発生を繰り延べられる。なお、インターネットへの接続などの機能は問題なく利用できる。

 手動でのファームウエア更新が必要な機種は以下の通り。機種名は製品本体側面にあるラベルに記載されている。

●手動でのファームウエア更新が必要な機種
AtermBR500V*AtermWD605CV*
AtermDR302CV*AtermWD606CV*
AtermDR302CVA*AtermWD622GV*
AtermDR303CV*AtermWD624GV*
AtermDR304CV*AtermWD632GV*
AtermDR312CV*AtermWD634GV*
AtermDR313CV*AtermWD701CV*
AtermDR314CV*AtermWD724GV*
AtermDR320CV*AtermWD734GV*
AtermDR322GV*AtermWD735GV*
AtermDR332GV*AtermWR5100VT
AtermVA530VAtermWR7610HV*
ADSLモデム-MNVADSLモデム-NV
ADSLモデム-NV IIADSLモデム-NV III
Web Caster 3100NV
(注)機種名中の「*」には任意の英数記号文字が入る

 NECおよびNECアクセステクニカが直接、対象機種を1000台以上納入した事業者はNTT、KDDI、ソフトバンクテレコムなど20社に上る。

 今回の不具合に関する問い合わせ先は以下の通り。

 Aterm IP電話バージョンアップサポートセンター
 0120-350048(携帯電話、PHSからも利用可能)
 0537-21-1521(IP電話利用で一般加入電話を接続していない場合)

 NTTから提供されたIP電話対応モデムをNTT東日本エリアで利用している場合
 NTT東日本ADSLモデム内蔵ルータお問合わせセンタ
 0120-130082(携帯電話、PHSからも利用可能)
 03-5954-9917(050IP電話からの場合)

 NTTから提供されたIP電話対応モデムをNTT西日本エリアで利用している場合
 NTT西日本ADSLモデム内蔵ルータお問合わせセンタ
 0120-180075(携帯電話、PHSからも利用可能)
 0537-21-1770(050IP電話からの場合)