PR

 米マイクロソフトは、スペインで開幕した携帯電話展示会「Mobile World Congress 2009」において、新たな携帯電話のコンセプト「Windows phones」を発表した。最新バージョンの携帯電話向けOS「Windows Mobile 6.5」と、新設する「My Phone」「Windows Marketplace for Mobile」という2種類の無料サービスを連携させる。いわば、同社が標榜する「ソフトウエア+サービス」を携帯電話上で実現させるものだ。2009年末までに、台湾HTCと韓国LG電子がWindows phonesに基づいた製品を出荷する予定である。

 バージョンアップするWindows Mobile 6.5は、ユーザーインタフェースを従来から大幅に改良。タッチパネル式の液晶ディスプレイを前提とし、指を使ってさまざまな機能を呼び出せるように再設計した。例えば、画面の大半で、指を使って上下左右にスクロールが簡単にできる。

 My Phoneは、 Windows Mobile 6.5搭載ケータイ向けのいわゆるクラウド型サービスの一種で、サーバーとケータイ間でデータを同期させる。ケータイにある住所録や予定表、SMS(ショート・メッセージ・サービス)でやり取りしたメッセージなどをサーバーにアップロードし、バックグラウンドで常に自動的に同期させる。ユーザーが機種変更をした際にはサーバー上のデータをケータイに取り込めるため、データのバックアップという役割も果たす。ケータイで撮影した写真や動画をサーバーにアップロードすることも可能だ。サーバー上にあるデータは、パソコンのブラウザーで参照したり、編集したりできる。例えば、パソコンで住所録を編集すれば、しばらくするとケータイの住所録も更新される。

 Windows Marketplace for Mobileは、Windows Mobile 6.5向けのアプリケーションを配布するサービス。 Windows Mobile 6.5搭載ケータイには専用ソフトが組み込まれ、アプリケーションを探し、ダウンロードしてインストールする手間を軽減する工夫を施す。課金の仕組みも提供する予定だ。

 マイクロソフトがWindows phonesの概念を明らかにしたのは、米アップルの「iPhone」、米グーグルの「Android」に対抗するため。アップルもグーグルも、同期式のクラウド型サービスとアプリケーション配布サービスの2本立てで、自社の携帯電話向けOSの魅力を高めている。My Phoneは「MobileMe」(アップル)、 Windows Marketplace for Mobileは「App Store」(アップル)「Android Market」(グーグル)に相当するサービスと位置付けられる。