PR

 米マイクロソフトは2009年2月16日、Mobile World Congress 2009に合わせてバルセロナ市内にてプレス・カンファレンスを開催した。同社のスティーブ・バルマーCEOは「Windows Mobileビジネスを次のレベルに上げる時が来た。新たにWindows Phoneと定義する」とエネルギッシュに話し(写真1)、新たなモバイル端末向けOSであるWindows Mobile 6.5(WM 6.5)と、端末とWebの同期サービス「My Phone」、さらにWindows Mobile向けのアプリケーション・ストアである「Windows Marketplace」の3点を発表した。

 WM 6.5は、ユーザー・インタフェース(UI)を従来から一新して、より直感的に使いやすくした点が特徴。指を使ったタッチ・スクリーン操作が基本になったほか(写真2)、メニューを一覧で表示しやすくするために、ハニカム構造のアイコン配置を新たに採用している(写真3)。出荷は2009年の後半に予定。台湾HTCが同日発表した「HTC Touch Diamond2 」と「HTC Touch Pro2」がWindows Mobile 6.5のサポートを表明しており、これらの機種を購入したユーザーは後日無償でWindows Mobile 6.5にアップグレードできるという。

 My Phoneは、アドレス帳やスケジュール、テキスト・メッセージなどをWeb上のストレージと同期できるサービス。米アップルが提供している「MobileMe」のMS版とも言える。招待制のベータ・サービスとして既に運営を開始しているという。

 Windows Marketplaceは、開発者がアプリケーションを配布できるアプリケーション・ストア。同日にノキアも「Ovi Store」というアプリケーション・ストアの開始を発表したが、MSもそれに続いた。いずれもアップルの「AppStore」の成功を意識したと見られる。各プラットフォームの間でのエコシステム作りのポイントとして、アプリケーション・ストアの位置づけが急浮上してきた形と言える。