PR

 NTTレゾナントは2009年2月17日、ユーザーのプロフィールやサイト操作履歴に、ネット上のブログ記事の分析結果を加えてユーザーの好みに合ったコンテンツを検索、推薦する技術「ぐにゅナビ」(goo new navigation)を発表した。実証実験の第1弾として、同日から8月31日まで、ぐにゅナビを同社の映画配信サービス「シネマ・コンプレックス」に導入。ユーザーの年齢や性別、閲覧履歴、見たい映画のムードなどからお薦め映画を表示するサービスを実施する。

 ぐにゅナビは、NTTサイバーソリューション研究所が開発した「感性解析技術」とNTTレゾナントが開発した「コンテンツナビゲーション技術」を組み合わせて実現した。

 感性解析技術とは、ブログ記事内から、映画タイトルや俳優名といったトピックごとに、「かわいい」「怖い」「かっこいい」といった感性にかかわる表現を抽出し、これを映画会社が提供するジャンルや出演者情報などとひも付けて、ブログ記事に記載された感想などを分析する技術。一方のコンテンツナビゲーション技術は、キーワードによる検索結果とユーザーのプロフィールやWebサイトでの操作履歴に基づくリコメンデーションを組み合わせることで、ユーザーの好みに合ったコンテンツを導き出す技術である。

 シネマ・コンプレックス内のぐにゅナビのページでは、最初に生まれた年と性別を設定。次に、「ジャンル」「ムード」「キーワード」などの各項目について、あらかじめ設定された選択肢の中から自分の好みに合ったものを選ぶ。例えば、ジャンルは「SF」、ムードは「美しい」、キーワードは「宇宙」といった具合だ。すると、シネマ・コンプレックスに登録されている500本の映画の中から、それらの条件に合った映画が表示される。

 選ばれた映画をクリックすると、その映画のお薦め要素の内訳が表示され、何がポイントとなって薦められたかが分かるようになっている。その映画を見たいと思えば、ビデオ・オン・デマンドで視聴することも可能だ。ユーザーの操作履歴はWebブラウザーに蓄積されるので、「使うほど、ユーザーの好みにあったラインアップになっていくはず」(NTTレゾナント)という。

 映画を検索するだけなら、会員登録や利用料金は不要。操作履歴はWebブラウザーのCookieとして保存するため、Cookieを削除すると消去される。

 NTTレゾナントとNTTサイバーソリューション研究所は今後、映画だけでなく、音楽や本の検索にも利用できるようにしたいとしている。