PR

 NTTドコモは2009年2月16日、フルタッチパネルケータイ「docomo PRO series SH-04A」(シャープ製)を2月20日に発売すると発表した。約3.5型の液晶画面「NewモバイルASV液晶」(480×854ドット)を搭載したAQUOSケータイで、片手でメールやiモードなどの操作ができるタッチパネルと、両手で文字入力できるスライド式のQWERTYキーを備える。

 QWERTYキーは、長文メール、ブログ、SNSなどの入力がしやすい。本体からスライドして引き出すと、メールの新規作成やブックマークが自動で起動される。写真撮影後にスライドしてキーを出せば、自動的にメールに画像を添付し、スムーズにブログやSNSにアップロードできる。

 待受画面には、よく使う機能を素早く起動するクイックメニューを配置。モーションコントロールセンサーの搭載によって、ワンセグ、フルブラウザ、ゲーム画面の縦横表示を自動で切り替えて見られる。また、「Virtual 5.1ch対応 DOLBY MOBILE」を搭載し、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンで音楽を楽しめる。

 広角29mmの5.2メガピクセルカメラは、顔検出オートフォーカス対応。フォーカスを合わせたい顔をタッチで選択し、シャッターもタッチで操作できる。「PHOTO CRUISER」機能で撮影した画像をスピーディーに再生できる。

 サイズは高さ114×幅54×厚さ16.3(最厚部約17.4mm)で、重さは約140g。連続待受時間は3G方式の場合は約560時間、GSMが約260時間、連続通話時間は3Gが約220分、GSMが約190分。連続テレビ電話時間は約100分。外部メモリーはmicroSD(2GB)かmicroSDHC(16GB)。カラーはホワイト、ブラック、ピンクゴールドの3色。