PR

 ソネットエンタテインメント(サービス名:So-net)は2009年2月18日、同社が運営する無料のSNS作成サービス「So-net SNS(β版)」を、SNS「mixi」の認証サービス「mixi OpenID」に対応させたと発表した。mixiのIDを利用してSo-net SNSを開設。mixiで作った友人関係を保ちながら、両サービスを使い分けられるという。

 So-net SNSは、2006年6月に始まった無料のSNS作成サービス。ユーザー数は約35万人を数え、ゲーム、アニメ、同窓会など多くのジャンルをテーマに、約4万8000のSNSが開設されている。

 mixi OpenID版で作成できるのは、(1)SNSの運営者(オーナー)とそのマイミクシィが参加できる「マイミクシィ専用SNS」(2)SNSオーナーが指定したmixiコミュニティの参加者のみ参加できる「コミュニティメンバー専用SNS」(3)mixiに登録しているユーザーなら誰でも参加できる「mixiユーザー専用SNS」――の3種類。

 SNSオーナーは、「スペシャル招待状」機能を使って、マイミクシィをSNSに招待できる。招待状経由でSNSに参加すると、SNSの参加者全員と自動的に「マイフレンド」として登録される。各メンバーへの「フレンド申請」をする必要がないため、スムーズにコミュニケーションが楽しめるという。

 SNSの作成は、同サイトのトップページ右上のメニュー「mixi OpenIDでSNSを作成」から行う。