PR

 台湾のASUSTeK Computerは、2009年3月27日、内蔵バッテリーで最長9.3時間連続駆動する10型ワイド液晶搭載ミニノートPC「Eee PC 1000HE」を発表した。国内では4月4日から発売を開始する。希望小売価格は4万7800円。「Microsoft Office Personal 2007」搭載モデルは5万7800円。

 Eee PC 1000HEは「Eee PC」シリーズの新モデルで、独自の省電力機能「Super Hybrid Engine」により、バッテリー駆動時間を延長した。またインテルのAtomプロセッサーの新モデル「Atom N280」を採用。OSやアプリケーションの起動や処理が高速になり、より快適に操作できるという。

 キーボードは、従来モデルよりもキー間隔を広げて打ちやすくした新設計。1GBのメインメモリーと160GBのHDD、USBポート3基、SD/MMCカードリーダー、130万画素Webカメラを内蔵する。OSはWindows XP Home Edition。また、10GBのWebストレージが無料で利用できる。通信機能はIEEE 802.11b/g/nドラフト2.0、Bluetooth Version 2.1対応。

 本体色は「パールホワイト」「ファインエボニー」に加え、日本限定の「シルバー」の計3種類を用意した。画面の解像度は1024×600ドット。本体寸法は幅266×奥行き191.2×厚さ28.5mm(最厚部38mm)、重さは約1.45kg。