PR

 米マイクロソフトは2009年4月15日(米国時間)、これまで「Office 14」と呼んでいた次期版Officeの名称とリリース時期を明らかにした。次期版の名称は「Office 2010」。2009年第3四半期にテクニカルプレビュー版を提供し、2010年前半に正式版をリリースする。

 Office全体の製品群としては、WordやExcel、PowerPointなどを含むOffice 2010のほかに、電子メールやスケジュール共有などを実現する「Exchange Server 2010」、ファイル共有や企業内ポータルサイトの構築などに使う「SharePoint Server 2010」、グラフィックスソフトの「Visio 2010」、プロジェクト管理ソフトの「Project 2010」などが用意される。いずれも「デバイスによらない一貫したエクスペリエンス、容易な文書作成と編集、場所を問わないコラボレーションなどの実現」が開発の目標だという。既に2008年10月に開催された開発者向けイベント「PDC 2008」において、WordやExcelなどをオンライン化し、Webブラウザー上で編集できる「Office Web Applications」として提供する計画を発表している。Exchange Server 2010についても、企業内にサーバーを設置するだけでなく、オンラインサービスとして利用することを最初から想定して設計するなど、同社が推進する「ソフトウエア+サービス」の考え方に基づく製品群となる。

 なお、Exchange 2010に関しては、他の製品群に先立ち、2009年後半に正式版をリリースする予定。2009年4月15日(米国時間)からベータ版を一般公開しており、日本語版ベータもマイクロソフトのWebサイトからダウンロードできる。