PR

 トレンドマイクロは2009年4月21日、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」向けのセキュリティサービスを開始した。PSPからの詐欺サイトや有害サイトへのアクセスを遮断する。2009年7月末までは無料で試験提供する。

 セキュリティサービスは、「トレンドマイクロ キッズセーフティ for PSP」と「トレンドマイクロ ウェブセキュリティ for PSP」の2種類。前者は、子どもにとって有害と思われるWebサイトへのアクセスを遮断するサービス。PSPの「インターネットブラウザ」を使って、有害とされるサイトにアクセスしようとすると、警告画面を表示してブロックする(図1)。

 ブロックの対象となるのは、「アダルト/成人向け」「カルト/オカルト」「ギャンブル」「違法行為」「違法薬物」「酒/タバコ」「性教育」「武器/軍事」「暴力/差別」のカテゴリに分類されるWebサイト。通常のURLフィルターとは異なり、ブロックするカテゴリをユーザーが指定することはできない。有害サイトをブロックするかどうか(キッズセーフティ for PSPを有効にするかどうか)のみを指定する。

 「ウェブセキュリティ for PSP」は、クレジットカードや銀行口座の番号、パスワードなどを盗もうとするサイトへのアクセスをブロックするサービス。フィッシング詐欺サイトなどへアクセスしようとすると、警告を表示してブロックする。

 これらのサービスを利用するには、PSPのインターネットブラウザから申し込む。インターネットブラウザを起動し、「ブックマーク」から「トレンドマイクロ for PSP」を選択。表示された画面で「無料体験版」をクリックする(図2)。

 なお、同サービスを利用するには、PSPの「システムソフトウェア」を最新版のバージョン5.50にアップデートする必要がある。PSPのネットワークアップデート機能などでアップデートできる。

 2009年7月末までは無料で利用可能。それ以降は有料になる見込み。料金は未定。