PR

 AMDは2009年4月28日、Athlon X2の最上位モデルとして、2.8GHz駆動のAthlon X2 7850 Black Editionを発表した。日本市場では4月29日から販売する。予想実勢価格は8000円前後だ。

 Athlon X2 7850 Black Editionは、従来の最上位モデルAthlon X2 7750 Black Editionの動作周波数を2.7GHzから2.8GHzに引き上げた製品。対応するCPUソケットはSocket AM2で、動作周波数以外の性能面に関する仕様はAthlon X2 7750と全く同じ。各コアに512KBの2次キャッシュ、全コアで共有する2MBの3次キャッシュを備える。製造プロセスは65nmだ。TDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)は95W。

 Phenomと同じダイ(半導体本体)で作られており、CPUコアは「Kuma(クマ)」という開発コード名で呼ばれていた。Black Editionという名称は、動作倍率を自由に設定できる製品に付けられる。Athlon X2 7850 Black Editionも名称通り動作倍率を設定でき、オーバークロックしやすくなっている。

 本誌ではAthlon X2 7850 Black Editionを入手、ベンチマークで性能や消費電力を測定した。また、動作周波数や電圧を定格より高める、いわゆるオーバークロックでの動作も試した。

Athlon X2 7850 Black Edition。2.8GHzで動作するデュアルコアCPU。対応するCPUソケットはSocket AM2だ。
Athlon X2 7850 Black Edition。2.8GHzで動作するデュアルコアCPU。対応するCPUソケットはSocket AM2だ。
[画像のクリックで拡大表示]

CPU情報表示ソフト「CPU-Z 1.50」でAthlon X2 7850 Black Editionのステータスを表示した。
CPU情報表示ソフト「CPU-Z 1.50」でAthlon X2 7850 Black Editionのステータスを表示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料