PR

 マイクロソフトは、「2007 Microsoft Office System」をアップデートする「同Service Pack 2 (SP2)日本語版」を2009年4月29日から提供開始する。変更点は安定性の向上、パフォーマンスの強化のほか、ODF(OpenDocument Format)への対応など。本日、SP2の情報提供Webサイトを公開した。

 SP2には、個別にリリースされているセキュリティアップデートに加えて、入力システムの「Microsoft Office Input Method Editor 2007(Office IME 2007)の最新修正モジュールを含む。IME 2007は従来版から学習機能が改善されており、単語を使用または登録した直後でも、すぐに学習効果が表れ、長期間の使用でも快適に使えるという。

 さらに対応フォーマットの種類を増やした。OpenOffice.orgで採用されているODFを、ファイルの読み書き形式に選べるようになる。このほかOpen XML、PDF、XPSなどのファイル形式に対応した。

 Microsoft UpdateやWindows Update、Office Updateによるダウンロードや、同社のダウンロードセンターで無償配布する。メディアで欲しい人には、6月上旬からDVD-ROM送付サービスを実費で提供する予定。なお、 SP2はアップデートのみのリリースとなっており、パッケージ製品は従来どおりの販売を継続する。