PR

 グーグルは2009年5月13日、インターネット上の無料地図サービス「Google マップ」で提供している「ストリートビュー」サービスについて、プライバシー保護を目的とした日本独自の運用を開始すると発表した。

 ストリートビューは、地図上で指定した場所の360度パノラマ写真を公開するサービス。国内では2008年8月から東京、大阪など主要12都市を対象にスタートした。ユニークなサービスとして人気が高い半面、個人の住宅や通行人の写真が断りなく掲載されていることから、「プライバシーの侵害ではないか」と物議を醸している。東京都町田市など一部の自治体は、政府に実態の把握や規制の検討を求める意見書を採択しているほか、福岡県弁護士会はサービス中止を求める会長声明を出している。

 こうした状況を受け、今回グーグルが打ち出した改善策は次の4つとなる。

(1)ナンバープレートを自動でぼかす処理を施す

 車のナンバープレートについては、既にヨーロッパでは自動処理によるぼかしを行っていたが、日本の場合、写真の解像度が低いことからナンバープレートの認識が難しく、処理の自動化を見送っていた。これまでは要求に応じて手動による処理を行っていたが、技術開発に注力した結果、低解像度の写真についても可能な限り処理を施せるようになったという。同日、自動処理によるぼかしを入れた状態の写真を公開した。この自動処理によって消されていない部分については、従来通り要求に応じて対応する。

(2)撮影時のカメラの高さを40cm低くする

 撮影時のカメラは、撮影車の上部に地上から245cmの高さで設置されていたため、塀の中をのぞき込むような形で個人宅が撮影されているケースもあり、批判の的となっていた。そこでカメラをできるだけ下げ、地上から205cmの高さにする。同時に、水平以下の死角を増やすことで、のぞき込むような角度の撮影にならないように工夫するという。既に公開済みのエリアについても数カ月以内に再度撮影し直し、順次新しい写真に変更していく予定だ。写真を更新する際、既に削除要求のあった場所については、新しい写真も掲載しない。ただし、未公開のエリアで撮影済みの写真に関しては、まず撮影済みの写真で公開エリアを増やすことを優先し、その後、改めて撮影し直す予定だ。

(3)問い合わせ専用ダイヤルを設ける

 問い合わせ専用ダイヤルも同日に設置した。電話番号は 0570-010041(携帯電話、PHS、海外からは 03-6415-5900)。月曜から金曜の9時から12時および13時から18時に受け付ける(年末年始を除く)。これまで写真の削除要求はWebサイト上でのみ受け付けていて、問い合わせは同社の代表電話番号に行うしかなかった。そこで専用の電話窓口を設け、インターネットを閲覧する環境を持たない人でも、写真の公開停止を要求できるようにした。

(4)要求に応じて表札のぼかし処理を行う

 人の顔や車のナンバーだけでなく、自宅の表札にぼかしを入れることもできるようにした。Webサイトに用意された問題の報告画面で要求を受け付け、自宅の表札に限って対応する。「表札だけぼかしてもらえれば、自宅の写真を公開してもかまわない」という人もいることから、表札のぼかし処理に対応した。

 以上、4つの改善策について、同社プロダクトマネージャーの河合敬一氏は、「厳しいご意見も受け止め、どういった形が皆様に安心してお使いいただけるようになるのか議論し、技術開発をしてきたが、これがようやく整ってきた。ストリートビューの良い部分を伸ばしつつ、懸念される問題点を解消していくよう努力していきたい」と語り、日本特有の事情を考慮しつつ、改善を続けていく考えを示した。