PR

 日本ヒューレット・パッカードは2009年5月15日、2007年8月~2008年1月にかけて製造したノートパソコンの一部に、バッテリーの不具合があったと発表した。不具合がある製品を使い続けることで、非常に稀ではあるが過熱や変形、発火などの恐れがあるという。

 不具合があると判明したのは、ノートパソコン25機種で、世界で計20万3000台が出荷されている。日本国内では、25機種中の7機種が販売されており(下記参照)、国内出荷台数はごくわずかだという。

 同社は、専用のウェブサイト(http://www.hp.com/jp/battery-replace-090514JP)およびコールセンター(0120-589455)を開設。該当する製品の利用者に対し、確認を呼びかけるともに、無償交換を受け付ける。

 不具合の有無は、バッテリー本体に貼られたバーコード番号で確認できる。該当するのは、CT:62940、CT:65033、CT:65035、CT:67059のいずれかで始まり、かつ専用ウェブサイトで公開している自主回収プログラムで不具合と判定された製品。

■不具合が判明した国内向けの機種
・HP Compaq 6720s Notebook PC
・HP Pavilion Notebook PC dv2000シリーズ
HP Pavilion Notebook PC dv2405
HP Pavilion Notebook PC dv2605
・HP Pavilion Notebook PC dv6000シリーズ
HP Pavilion Notebook PC dv6200
HP Pavilion Notebook PC dv6205
・HP Pavilion Notebook PC dv6500
・HP Pavilion Notebook PC dv9000シリーズ
HP Pavilion Notebook PC dv9500
・HP G7000 Notebook PC