PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2009年5月27日、ビジネス向けノートPCのエントリーモデル「HP ProBook Notebook PC」シリーズ3機種を発売した。いずれもアスペクト比16対9のワイド液晶を搭載。注文仕様生産でカスタマイズに対応する。「HP Directplus」オンラインストアやコールセンターで取り扱う。

 今回から、エントリーモデルの一部ブランド名を従来の「HP Compaq」から「HP ProBook」に変更した。全機種とも黒を基調としたデザインで、主要キーのピッチが19mmのフルサイズキーボードと、独立したテンキーを採用。ノートの省スペースと、デスクトップに劣らない使い勝手を両立させたという。HDMI端子も標準搭載。OSは、Windows Vista Business/Home Basicのほか、ダウングレードによってWindows XP Professionalも選べる。

 「4510s/CT」は、15.6型ワイド(1366×768ドット)液晶とインテルプロセッサを搭載するスタンダードモデル。Celeron T1600(1.66GHz)、1GBメインメモリー、160GB HDD、Windows Vista Home Basicの構成で直販価格は6万4890円から。バッテリーは駆動時間は最大約5.75時間。光学ドライブはオプション。

 「4515s/CT」は「4510s/CT」と同サイズのきょう体で、15.6型ワイド(1366×768ドット)とAMDのプロセッサを搭載するハイコストパフォーマンスモデル。Sempron SI-42(2.1GHz)、1GBメインメモリー、160GB HDD、Windows Vista Home Basicの構成で同5万9850円から。バッテリー駆動時間は最大約3.5時間。

 「4710s/CT」は17.3型ワイド(1600×900ドット)液晶搭載のデスクトップ代替機。Celeron T1600、1GBメモリー、160GB HDD、DVD-ROMドライブ、Windows Vista Home Basicの構成で直販価格は6万9930円から。