PR

 米マイクロソフトは2009年6月23日(米国時間)、Windows 7の製品候補版(RC版)の公開を8月15日(同)に終了することを明らかにした。プログラムをダウンロードできるのは8月15日までとなる。インストールはその日以降も可能で、プロダクトキーも入手できる。RC版の使用期限は2010年5月31日で、2010年3月1日からは警告とともに2時間ごとにシャットダウンされるようになる。

 また同社は、Windows 7のパッケージデザインも公開した。Windows 7と同様、ユーザーの意見に耳を傾けて、シンプルで開きやすいデザインを採用した。箱を37%軽量化するなどして、ごみを減らす工夫も施しているという。