PR

 マイクロソフトとパソコンメーカー各社は2009年6月26日、「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーンを開始した。

 優待アップグレードでは、対象となるPCを購入したユーザーに対して、プリインストールされたエディションに対応したWindows 7を低価格で販売する。各メーカーによって価格は異なり、国内大手メーカーは3000円前後だが、デルや日本ヒューレット・パッカードは無料で提供する。

 優待アップグレードの対象となるPCは、6月26日から2010年1月31日までの間に購入されたWindows Vista Home Premium/Business/Ultimateを搭載した製品となる。詳細な対象機種は各社がWebサイトに掲載している。アップグレードの申し込み期間はメーカーによって異なるが、2010年2月28日か3月31日までとなる。

 プリインストールされるOSごとに、アップグレード対象のOSが定められており、Windows Vista UltimateはWindows 7 Ultimateへ、Windows Vista BusinessはWindows 7 Professionalへ、Windows Vista Home PremiumはWindows 7 Home Premiumへのアップグレードとなる。

 また、Windows Vista 32ビット版はWindows 7 32ビット版へ、Windows Vista 64ビット版はWindows 7 64ビット版へのアップグレードとなり、32ビット版から64ビット版へは移行できない。

 Windows Vista Businessのダウングレード権を使って、Windows XP Professionalをプリインストールしてある機種は、「Windows 7 優待アップグレード」の対象となる。一方、Windows XPを搭載するネットブックや、Windows Vista Home Basicを搭載する機種は「Windows 7 優待アップグレード」の対象外となる点には注意が必要だ。

●各社の優待アップグレード価格
メーカー名アップグレード価格(送料込み)
NEC3000円(121ware会員は2000円)
エプソンダイレクト3000円
オンキヨー2980円
ソニー3150円
デル無料
東芝3000円(セレクタブルOSモデルで、お客さま登録番号取得済みだと2000円)
ドスパラ無料
日本エイサー無料(送料が別に950円かかる)
日本ヒューレット・パッカード無料
パナソニック3000円
富士通2980円(AzbyClub会員は1980円)
マウスコンピューター無料
レノボ・ジャパン1680円