PR

 NECは2009年7月1日、シンクライアントの端末機能を備えたネットブック「LaVie Light Luiモデル」を発表した。価格はオープンで、実勢価格は約6万8000円。7月上旬に発売する。

 同社のシンクライアントシステム「Lui」に対応し、インターネット経由でホームサーバーを遠隔利用できる。従来のLuiの端末と違い、Windows XP Home Editionを搭載するパソコンとしても単体で利用できる。液晶は1024×600ドット表示の10.1型。CPUがAtom N280(1.66GHz)、HDDが160GB、メモリーは1GB。重さは約1.32kgで、標準バッテリー駆動時間は約8.5時間。IEEE 802.11b/g/nドラフト2.0の無線LAN、Bluetoothの通信機能を備える。有効画素数131万画素のWebカメラも内蔵する。

 デスクトップパソコンをLuiのサーバーとして使えるようにするためのボード「PCリモーターサーバボード」も発売した。インタフェースはPCIで、標準サイズの「LU-AC-RB003」とロープロファイルの「LU-AC-RB004」の2種類がある。価格はオープンで、実勢価格はLU-AC-RB003、LU-AC-RB004共に約4万円。