PR

 セイコーエプソンは、ビジネス向けプリンター「オフィリオプリンター」シリーズから、A3対応カラーページプリンターのフラッグシップモデル「LP-S9000」を2009年7月27日発売する。A4判毎分35枚(カラー/モノクロ)の高速印刷と150万ページの高耐久性を両立させた。希望小売価格は31万4790円。

 オフィスから、流通・小売業などの業種でも活用できるデスクトップ型ページプリンター。実解像度1200×1200dpiの高解像度エンジンを搭載。インクジェットプリンターで採用している独自論理的色変換システム「LCCS(Logical Color Conversion System)」をページプリンターとして初めて採用し、色再現領域・階調性・粒状性など画質を向上させた。

 チラシやPOP作成で必須とされる鮮やかな赤色「金赤」に近い印刷出力が可能。また、カラートナーが途中で切れてもモノクロプリンターとして印刷を続行できる。用紙は、A3~A5、ハガキ。また、長尺用紙、厚紙・封筒など、幅広い種類に対応し、両面印刷や割付印刷も可能。

 給紙容量は標準でトレイ100枚、カセット560枚の計660枚。最大2340枚までの増設が可能。インタフェースは100BASE-TX/10BASE-Tイーサネット、パラレル、USB 2.0。本体寸法は幅640×奥行き662×高さ407mm、重さは約66kg。