PR

 マイクロソフトは2009年7月14日(米国時間)、「Microsoft Office 2000」のサポートを終了した。これにより、同製品のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)は提供されなくなる。

 同社製品のサポートには、「メインストリームサポート」と「延長サポート」がある。前者では、セキュリティ更新プログラムの提供に加え、製品の無償サポートを提供したり、仕様変更および新機能のリクエストを受け付けたりする。前者の提供期間が終了すると延長サポートになり、無償での製品サポートは原則終了。有償ではサポートを提供するものの、無償での提供はセキュリティ更新プログラムのみとなる。

 Office 2000については、メインストリームサポートは2004年6月30日に終了(無償サポートについては、2005年6月30日まで特別延長された)。そして今回、延長サポートについても終了した。このため、今後はOffice 2000に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったとしても、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。

 これに伴い、Office製品をアップデートするため(セキュリティ更新プログラムを適用するため)のサービス「Office Update」も2009年7月いっぱいで終了する。これについては、米マイクロソフトのエンジニアリングチームが2009年5月に公式ブログで明らかにした。

 Office製品のセキュリティ更新プログラムは、「Microsoft Update」を利用すれば適用されるものの、Office 2000は対象外。このため、Office 2000を自動的にアップデートするには、Office Updateを使う必要があった。だが、今後は同サービスが終了するため、過去に公開されたセキュリティ更新プログラムを適用するには、セキュリティ情報のページ(ダウンロードセンター)からダウンロードして手動で適用する必要がある。