PR

 リコーは2009年8月20日、広角28mmからの光学10.7倍ズームレンズを搭載する小型デジタルカメラ「CX2」を発表した。撮像素子は、有効画素数が929万画素の1/2.3型CMOSセンサー。発売予定は9月11日で、実勢価格は約4万8000円。

 CX2は、2009年3月に発売した小型デジタルカメラ「CX1」の後継モデル。CX1は光学7.1倍ズームレンズだったが、CX2には光学10.7倍ズームレンズを搭載。最大記録画素数(9M)での連写機能も、毎秒4コマから毎秒5コマに向上した。明るさの差が大きいシーンで、白とびや黒つぶれを抑制する「ダイナミックレンジダブルショット」機能も強化した。ダイナミックレンジダブルショットは、露出が異なる2枚の写真を連続で撮影し、それぞれの適正露出部分を合成した画像を作成する機能。CX1では、露出差を「微弱」から「強」までの4段階からユーザーが選択していたが、CX2にはカメラが適正な露出差を判断する「AUTO」を追加した。

 「ミニチュアライズ」と「ハイコントラスト白黒」の2種類の撮影モードも追加した。ミニチュアライズは、画像の上部と下部をぼかして撮影することで、実際の風景をミニチュアにして撮影したような印象の写真が撮れる。ハイコントラスト白黒は、通常の白黒モードよりもコントラストを強調した撮影が可能。超高感度フィルムで撮影した写真や増感現像した写真のように、ざらついた印象の画像を記録できるという。

 大きさは、幅101.5×高さ58.3×厚さ29.4mmで、電池と記録メディアを除いた重さは約185g。色は、ブラック、シルバー、グレーとピンクのツートンを用意する。