PR

 いよいよ今週金曜日、8月28日にSnow Leopardこと「Mac OS X 10.6」がユーザーの手元に届く。電気街の一部店舗は深夜0時の販売をアナウンス。アップルによると、Snow Leopardは前バージョンのLeopardが持つ特徴をほぼそのままに、あらゆる機能をブラッシュアップし直し、さらに今後10年を支える新しい基盤となるよう、現代のパーソナルコンピューターを構成するハードウエアにフィットするOSへと作りかえたものだという。

「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」のパッケージ。これまでの「x」の文字を大きくあしらったデザインから一転、「Snow Leopard(雪豹)」のビジュアルを前面に押し出したものになった。
「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」のパッケージ。これまでの「x」の文字を大きくあしらったデザインから一転、「Snow Leopard(雪豹)」のビジュアルを前面に押し出したものになった。
[画像のクリックで拡大表示]

「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」の画面。添付される標準アプリの多くは64ビット対応などのためにリファインされ、動作速度が大幅に向上しているという。
「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」の画面。添付される標準アプリの多くは64ビット対応などのためにリファインされ、動作速度が大幅に向上しているという。
[画像のクリックで拡大表示]