PR

 MSIは2009年9月8日、Intel P55搭載マザーボードの新製品と、最大5000円をキャッシュバックする販売施策を発表した。

 説明会の冒頭、エムエスアイコンピュータージャパンの鄭志明社長は、「世代交代は逆転のチャンス。P55チップセット搭載マザーボードの市場で、年末までにシェア20%を取りたい」と意気込みを語った。

エムエスアイコンピュータージャパンの鄭志明社長。「P55搭載マザーボードの市場で、年末までにシェア20%を取りたい」。
エムエスアイコンピュータージャパンの鄭志明社長。「P55搭載マザーボードの市場で、年末までにシェア20%を取りたい」。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表したP55搭載マザーボードは4製品。「P55-GD80」は、最上位製品で実勢価格は2万5000円前後。「P55-GD65」は、主力モデルで、実勢価格が1万9000円前後。

最上位の「P55-GD80」。実勢価格は2万5000円前後。
最上位の「P55-GD80」。実勢価格は2万5000円前後。
[画像のクリックで拡大表示]

P55-GD80は、動作している電源回路のフェーズ数をデジタル表示できる。
P55-GD80は、動作している電源回路のフェーズ数をデジタル表示できる。
[画像のクリックで拡大表示]

主力モデルの「P55-GD65」。実勢価格が1万9000円前後。
主力モデルの「P55-GD65」。実勢価格が1万9000円前後。
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの2製品は、全自動でオーバークロックができる「OC Genie」(オーシージニー)ボタン、8mmのヒートパイプを搭載し、「DrMOS」(ドクターモス)と呼ぶ高効率、低発熱のチップをCPUの電源回路に採用した。型番に含む「G」は、「ゲーミングシリーズ」を意味する。

MSI製のP55搭載マザーボードの3つの特徴。P55-GD80とP55-GD65は、これらの特徴を備える。
MSI製のP55搭載マザーボードの3つの特徴。P55-GD80とP55-GD65は、これらの特徴を備える。
[画像のクリックで拡大表示]

P55-GD80が備える「OC Genie」ボタン(左上)。「+」と「-」のボタン(右側)はCPUのベースクロックを上げ下げできる「ダイレクトOC」。電源ボタン、リセットボタンなどは、タッチセンサー式になっている。
P55-GD80が備える「OC Genie」ボタン(左上)。「+」と「-」のボタン(右側)はCPUのベースクロックを上げ下げできる「ダイレクトOC」。電源ボタン、リセットボタンなどは、タッチセンサー式になっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 「P55-CD53」は、「クラシックシリーズ」を意味する「C」が型番に入り、実勢価格は1万5000円前後と、やや安め。「P55M-GD45」はmicroATXタイプで、実勢価格は1万5000円前後。これら2製品は、OC GenieとDrMOSを備えるが、ヒートパイプは無い。

低価格モデルの「P55-CD53」。実勢価格は1万5000円前後。
低価格モデルの「P55-CD53」。実勢価格は1万5000円前後。
[画像のクリックで拡大表示]

microATXの「P55M-GD45」。実勢価格は1万5000円前後。
microATXの「P55M-GD45」。実勢価格は1万5000円前後。
[画像のクリックで拡大表示]

 販売促進のために、P55搭載マザーボードを購入したユーザーに対して、最大5000円のキャッシュバックを実施する。対象となるのは、メーカーを問わずIntel P35やIntel P45を搭載したマザーボードからMSI製のマザーボードに乗り換えたユーザー。

 「P55-GD65」に乗り換えた場合は3000円、上位モデルの「P55-GD80」への乗り換えでは5000円をキャッシュバックする。期間は10月12日までで、先着2000名。製品購入後にWebサイトでの応募が必要となる。このほか、全国200店舗以上でP55搭載マザーボードを展示し、全国20店舗でデモを実施するという。

Intel P35/45搭載マザーボードからMSI製マザーボードへの乗り換えで、最大5000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。
Intel P35/45搭載マザーボードからMSI製マザーボードへの乗り換えで、最大5000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。
[画像のクリックで拡大表示]

日経WinPCはPC自作の総合情報誌です。 >> 最新号の目次とご購入はこちら