PR

 工人舎は2009年9月8日、Windows XPを搭載した超小型のモバイルPC「KOHJINSHA PMシリーズ」を発表した。直販サイトでは同日に予約を開始。発売は10月上旬を予定している。直販価格は5万9800円。

 「PM1WX16SA」は、4.8型ワイドのタッチパネル液晶を備えた手のひらサイズのモバイルパソコンだ。CPUにAtom Z510(1.10GHz)を採用し、メモリーは512MB、16GBのSSDを搭載する。サイズは幅158×奥行き94.2×高さ13.5(最薄部)mm、重さは345gと、携帯ゲーム機や電子辞書と同程度のコンパクトさを実現した。

 いわゆる「MID(Mobile Internet Device)」と呼ばれる端末ほどの大きさに、Windows XP Home Editionをプリインストールしている。メールやWebの閲覧が主な用途だが、「Ubuntu」などの簡易OSではなく、Windowsをそのまま利用したい、というユーザーのニーズに応える。

 画面解像度は1024×600ドットで、バッテリー駆動時間は約7時間。BluetoothとIEEE802.11b/gの無線LANを備え、130万画素のWebカメラも内蔵する。インタフェースはminiUSB 2.0端子と、microSDカードスロットを装備。オフィスソフトとしてマイクロソフトOffice互換の「EIOffice 2009」を付属する。