PR

 Intelは2009年9月8日、デスクトップパソコン向けCPU「Core i7」「Core i5」3モデルを発売した。上位シリーズである「Core i7」では、動作周波数が2.93GHzのCore i7-870と2.8GHzのCore i7-860を、中位シリーズの「Core i5」では、2.66GHz駆動のCore i5-750を投入している。日経WinPC編集部では、今回発売された3モデルを入手。ベンチマークテストにより性能や消費電力を分析した(関連記事:Intel、LGA1156対応の新Core i7、Core i5を発表)。

 今回の3モデルは、「Lynnfield」という開発コード名で呼ばれていた製品。CPUの基本設計は「マイクロアーキテクチャーNehalem」で、2008年11月に発売したCore i7-900番台(開発コード名Bloomfield)と同様である。だが、(1)CPUソケットの形状をLGA1366から新しい「LGA1156」に変更している、(2)CPUの高速駆動機能「Turbo Boost」による動作周波数の上げ幅を増やしている、(3)対応メモリーをCore i7-900番台のトリプルチャンネルDDR3-1066からデュアルチャンネルDDR3-1333に変更している、(4)Core i5では、1個のCPUコアを仮想的に2個と見なして並列処理するHyper-Threading(HT)機能を搭載していない――といった変更点がある。またチップセットとの接続は、Core i7-900番台で採用していたIntel独自の高速伝送技術「QPI(QuickPath Interconnect)」ではなく、従来はMCH(Memory Controller Hub)とICH(I/O Controller Hub)との接続に使っていたDMI(Direct Media Interface)を採用している。こうした仕様の違いが、CPUの性能にどのように反映されるか気になるところだ。

LGA1156対応の新型Core i7(開発コード名Lynnfield)。新ソケットのLGA1156に装着して使う。
LGA1156対応の新型Core i7(開発コード名Lynnfield)。新ソケットのLGA1156に装着して使う。
[画像のクリックで拡大表示]

 Core i7-900番台ではTurbo Boostの上げ幅は一律で、全コアが1段階(+133MHz)、1コアのみ2段階(+266MHz)上がる仕様だった。新しいCore i7、Core i5では、モデルにより上げ幅が異なる。最も高いのはCore i7-870で、全コアが2段階、2コアが4段階、1コアのみだと5段階になる。各コアの最大動作周波数は、3.2G/3.2G/3.46G/3.6GHzだ。Core i7-860は、全コアが1段階、2コアが4段階、1コアのみだと5段階で、最大動作周波数は2.93G/2.93G/3.33G/3.46GHz。Core i5-750は全コアが1段階、2コアが4段階で、2.8G/2.8G/3.2G/3.2GHzと低めだ。

CPU情報表示ソフト「CPU-Z 1.52」でCore i7-870の情報を表示した。Turbo Boostが最大幅で機能している場合、動作周波数は通常時の2.93GHz(133MHz×22倍))より5段階(1段階は133MHz)上がり、3.6GHz駆動(133MHz×27倍)になる。
CPU情報表示ソフト「CPU-Z 1.52」でCore i7-870の情報を表示した。Turbo Boostが最大幅で機能している場合、動作周波数は通常時の2.93GHz(133MHz×22倍))より5段階(1段階は133MHz)上がり、3.6GHz駆動(133MHz×27倍)になる。
[画像のクリックで拡大表示]

同様にCore i7-860の情報を見たところ。通常時の動作周波数はCore i7-870より1段階低い2.8GHzであり、Turbo Boost時の最大動作周波数もCore i7-870より1段階低い3.46GHzとなる。
同様にCore i7-860の情報を見たところ。通常時の動作周波数はCore i7-870より1段階低い2.8GHzであり、Turbo Boost時の最大動作周波数もCore i7-870より1段階低い3.46GHzとなる。

CPU-Z 1.52で、Core i5-750の情報を見たところ。通常時の動作周波数は2.66GHz。Turbo Boost時の動作周波数の上げ幅は最大4段階であり、3.2GHz駆動が可能だ。
CPU-Z 1.52で、Core i5-750の情報を見たところ。通常時の動作周波数は2.66GHz。Turbo Boost時の動作周波数の上げ幅は最大4段階であり、3.2GHz駆動が可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表された3モデルの実勢価格は、Core i7-870は約6万円、Core i7-860は約3万円、Core i5-750は約2万1000円である。ほぼ同じ価格帯の既存製品と比べて、今回の新モデルは処理性能や消費電力の面で優れているのかどうかを検証していこう。

●今回の3モデルのラインアップと主な仕様
ブランド名Core i7Core i7Core i5
プロセッサー・ナンバー870860750
動作周波数2.93GHz2.8GHz2.66GHz
開発コード名LynnfieldLynnfieldLynnfield
マイクロアーキテクチャーNehalemNehalemNehalem
2次キャッシュ容量各コア256KB各コア256KB各コア256KB
3次キャッシュ容量共有8MB共有8MB共有8MB
QPI
コア数/スレッド数4/84/84/4
Hyper-Threading
Turbo Boost(有効時最大動作周波数)○(3.6GHz)○(3.46GHz)○(3.2GHz)
対応メモリーデュアルチャンネルDDR3-1333デュアルチャンネルDDR3-1333デュアルチャンネルDDR3-1333
拡張版SpeedStep
仮想化支援機能
拡張命令SSE4.2SSE4.2SSE4.2
製造プロセス45nm45nm45nm
TDP95W95W95W

●今回の3モデルの実勢価格
いずれのモデルも、それぞれ同等の価格帯に、同じIntel製の既存製品がある。新旧どちらのCPUを購入するか、悩ましいところだ。
モデル名実勢価格同価格帯の主なCPU
Core i7-870約6万円Core i7-950
Core i7-860約3万円Core i7-920、Core 2 Quad Q9650
Core i5-750約2万1000円Core 2 Quad Q9400、Core 2 Duo E8500

 今回のテスト環境は次の通りだ。

テストに使用したパーツ
CPUCore i7-975 Extreme Edition(3.33GHz)、Core i7-950(3.06GHz)、Core i7-920(2.66GHz)、Core i7-870(2.93GHz)、Core i7-860(2.8GHz)、Core i5-750(2.66GHz)、Core 2 Quad Q9650(3GHz)、Core 2 Duo E8500(3.16GHz)、Core 2 Duo E7400(2.8GHz)
マザーボードCore i7-900番台は「DX58SO」(Intel、Intel X58搭載)、Core i7-800番台、Core i5-700番台は「DP55KG」(Intel、Intel P55搭載)、Core 2 Quad/Duoは「P5Q Pro」(ASUSTeK Computer、Intel P45搭載)、※評価機材の都合上、Core i7-800番台、Core i5-700番台のPCMark Vantageのベンチマークでは、DP55KGの下位機種「DP55WG」(Intel、Intel P55搭載)を使用した。
メモリーCore i7-900番台は、DDR3-1066 1GB×3、Core i7-800番台、Core i5-700番台は、DDR3-1600 2GB×2(DDR3-1333として動作)、Core 2 Quad/Duoは、DDR2-800 2GB×2。
HDDBarracuda 7200.12 1TB(Seagate Technology)
グラフィックスボードWinFast PX9800 GT Power Efficient(リードテックジャパン、GeForce 9800 GT 低消費電力版搭載)
電源ユニットM12D SS-750EM(Sea Sonic Electronics、750W)
OSWindows Vista Ultimate Service Pack 2 32ビット日本語版