PR

 HDD大手のSeagate Technologyは2009年9月21日、デスクトップPC向けで業界初となるSerial ATA 6Gbps対応の3.5インチHDD「Barracuda XT」シリーズを発表した。Serial ATA 6Gbpsは、最新規格「Serial ATA Revision 3.0」で定められている速度で、最大転送速度は600MB/秒。従来のSerial ATA 1.5Gbps(150MB/秒)、同3Gbps(300MB/秒)と互換性がある。

 容量は2TB(モデルナンバーはST32000641AS)。平均密度347Gビット/平方インチのディスクを4枚使う。回転数は7200回転/分で、64MBのキャッシュを搭載する。消費電力はアイドル時が6.39W、アクセス時の平均が9.23W。内部データ転送速度は最大138MB/秒。同社では「7200回転/分のHDDでは最速」としている。