PR

 千葉県・幕張メッセでは2009年9月24日から27日までの4日間、「東京ゲームショウ2009」が開催される。24日と25日は招待者のみ入場できるビジネスデイで、一般公開日は26日と27日。来場者数は18万人の見込みだ。

 PCゲームの出展はいくつかあるが、特に目を引いたのはスクウェア・エニックスのブースだ。同社が出展したPC向けタイトルは「ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション」「同XIV」「フロントミッション エボルヴ」の3種類。いずれもインターネットに接続してプレーするオンラインゲームで、PCのほかに「プレイステーション 3」「Xbox 360」などに対応した。

 ファイナルファンタジーXIは現在サービス中のタイトル。ファイナルファンタジーXIVは、同シリーズの最新作で、2010年のサービス開始を予定している。価格は未定だ。フロントミッション エボルヴは、「ヴァンツァー」と呼ぶ機械を操り相手を倒す、三人称視点の対戦型アクションゲーム。2010年の春にサービスの開始を予定しており、価格は未定。

 ファイナルファンタジーXIVはデモンストレーション動画のみの出展だったものの、巨大なディスプレイに映像が映し出されると、あっという間に人だかりができ注目を浴びていた。フロントミッション エボルヴは複数の試遊台を設置しており、常に行列ができるほど盛況だった。