PR

 2009年9月24日から27日まで、千葉県・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2009」には、ゲームをより楽しめるパソコン向けの周辺機器の展示もあった。

 業務用トレーニングマシンや家庭用の健康機器を取り扱うMTGが展示していたのは、スピーカー内蔵の座椅子「Game Chair」(MSS-1000)。グリーンとオレンジの2色ある。

 背もたれの肩の部分に出力8Wのスピーカーを2個、シート部分には20Wのウーハーを1個組み込んでいる。ウーハーからの低音がシート全体を揺さぶるように鳴るので、迫力あるゲームプレーが楽しめるという。外形寸法は幅430×奥行き780×高さ680mm。背もたれは折りたためる。音声の入力端子はRCAピンタイプ。ゲーム機だけではなくさまざまな機器もつなげられるため、音楽や映画鑑賞などにも使用できる。予価は1万9800円で今秋の発売を予定している。