PR

 マイクロソフトは2009年11月25日、データベースサーバー製品の次期版「SQL Server 2008 R2」の日本語プレビュー版の提供を開始した。製品版に搭載されるすべての機能を検証できる「CTP(Community Technology Preview)11月版」と呼ばれるもので、同社のWebサイトより無償でダウロードできる。

 最大の特徴は、同社がクラウドサービスとして提供する「SQL Azure」に対応する形で、オンプレミス(自社運用型)、およびクラウドをシームレスにつなぐデータプラットフォームとして利用できる点。SQL Server 2008 R2とSQL Azureは単一のアーキテクチャーで提供され、オンプレミス側ではSQL Server 2008 R2、クラウド側ではSQL Azureを利用することで、両者を一体化した運用が可能になるという。

 同社業務執行役員でサーバープラットフォームビジネス本部本部長の五十嵐光喜氏は、「投資をオンプレミスに閉じるのか、それともクラウドに移行してシステムを展開するのか、10年後を見据えて全部を確定することはできない。だがマイクロソフトのSQLに関しては、オンプレミスのSQL ServerとクラウドのSQL Azureをシームレスに展開するので、今の投資を確実に保持し、最大限に生かすことができる」とアピールした。

 SQL Server 2008 R2の強化点としては、超大規模環境への対応、プライベートクラウド機能の提供、セルフサービスビジネスインテリジェンス(BI)機能の提供という3つが挙げられる。

 超大規模環境への対応に関しては、数十テラバイトから数百テラバイトまでの大規模データを処理可能なデータウエアハウス専用の「Parallel Data Warehouse エディション」と、最大256個の論理プロセッサ、無制限のメモリーに対応した「Datacenter エディション」を追加した。

 プライベートクラウド機能は、クラウド環境でのアプリケーション配置やデータベース管理の技術を、オンプレミス環境でも活用できるようにする。開発者は、アプリケーションがどのサーバーで稼働するかを意識することなくプログラミングでき、管理者は複数サーバーを一元管理することなどができる。

 ビジネスインテリジェンス機能としては、一般のユーザーが自由にデータソースを加工して分析できる「PowerPivot」機能を提供する。これはExcelの次期バージョン「Excel 2010」と連携する機能で、Excelを使って簡単にデータの集計や分析が可能。分析結果は、「SharePoint 2010」と連携し、社内で共有するなどできる。

 SQL Server 2008 R2の製品版は、2010年上半期のリリースを予定。Excel 2010やSharePoint 2010を含む「Office 2010」の製品版もまた、2010年上半期のリリースを予定している。SQL Azureについては、2010年1月からサービスを提供、同2月から課金を開始する。