PR


Image via legomatrix.com

Trevor Boyd氏とSteve Ilett氏は、映画『マトリックス』第一作の有名なビュレットタイム・シーンを全てLegoで表現した作品を制作した。

44秒間のシーンを再現するためのストップモーション撮影には1年間が費やされた。特殊効果も、画像処理も全く行なわず、全てカメラだけで撮影したのだ。撮影にあたっては、ハードウェアショップから部品を調達して独自の装置OCR(Orbital Camera Rig:軌道カメラ装備)を作成した。

この印象的な作品の制作について、詳しく知りたい人は彼らのサイトへどうぞ。動画と、実際の作品との比較画像は以下。

WIRED NEWS 原文(English)

WIRED NEWS(日本語)

Chuck Lawton