PR

 米エバーノートは2010年3月3日、オンラインメモサービス「Evernote」の日本語版の提供を開始した。クライアントソフトウエア、Webサイトなどすべての機能が日本語で利用できるようになった。

 Evernoteは、テキストや手描きメモ、PDF、画像、WebサイトのURLなどを、パソコンとサーバーに同時に保存するWebサービス。ふとアイデアが思いついたときや、インターネット上で気になる記事を見付けたときなどに、スクラップブックやメモ感覚で記録しておける。2年ほど前から、英語をはじめ複数の言語版が運用されていたが、今回、新たに日本語版が追加された。

 Evernoteは、専用のクライアントソフトをインストールして使うのが基本だ。クライアントソフトでは、テキストや手描きメモを入力したり、ドラッグ・アンド・ドロップで画像を保存したりできる。また、同ソフトをインストールすると、ブラウザーでWebページを表示している際、右クリックメニューからそのサイトのURLをEvernoteに保存できるようになる。ソフト上で保存、変更、削除したデータは定期的にEvernoteのサーバーと同期。複数の機器にクライアントソフトをインストールしている場合は、それらの機器ともサーバーを介して同期する。

 クライアントソフトには、パソコン向けのほか、iPhone向け、Android搭載携帯電話向けも用意。クライアントソフトをインストールしていない機器で利用する際には、Webブラウザーでもアクセスできる。

 米エバーノートのフィル・リビンCEOは「Evernote日本語版は、日本からのユーザーのアクセスが増えていることを受けて開始した」と説明した。日本からEvernoteにアクセスするユーザーはこの1年間で急増しており、現在のユーザー数は15万人、ユニークユーザー数は1日平均2万5000人に上るという。

 日本語版の開始を機に、他企業との連携も強化した。例えばキヤノンは、ドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-150」にスキャンしたデータを自動でEvernoteにアップロードする機能を搭載した。ソニーは、今後発売する「VAIO」にEvernoteのクライアントソフトをプリインストールする。

 Evernoteのサービスには無料の「スタンダード」と月額5ドルの「プレミアム」の2つのコースがある。スタンダードの場合、Evernoteのサーバーにアップロードできるのは、1カ月40MBまで。プレミアムコースは、1カ月500MBまでアップロードできる。

■変更履歴
記事掲載当初、Evernoteのサーバーにアップロードできるのは、スタンダードが1日40MBまで、プレミアムが1日500MBまでとしていましたが、正しくは、スタンダードが1カ月40MBまで、プレミアムが1カ月500MBまででした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2010/03/05 16:00]