PR

 Windows 7 Mania 事務局は2010年3月13日と14日の2日間、横浜アリーナで開催された水樹奈々のライブツアー「アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010」の会場正面にて、「Windows 7 窓辺ななみモデルPC」の体験、販売ブースを出展した。主要PCショップ7社が8モデルを展示して予約販売を実施。ライブに詰めかけたファンにWindows 7の魅力をアピールしていた。

横浜アリーナ正面に設置されたブース。ライブを待つ多くの水樹奈々ファンが集まっていた。ブース内では、ななみモデルPCに触れるほか、BTOによる予約も行えた。
横浜アリーナ正面に設置されたブース。ライブを待つ多くの水樹奈々ファンが集まっていた。ブース内では、ななみモデルPCに触れるほか、BTOによる予約も行えた。
[画像のクリックで拡大表示]

 このブースは、同事務局が3月12日からスタートした「Happy Windows 7 キャンペーン」と連動したもの。キャンペーンでは、期間中(購入は6月30日、応募は7月31日まで)にDSP版Windwos 7 Ultimateを購入すると、声優の水樹奈々さんがボイスを担当する自作応援キャラクター「窓辺ななみ」のイメージソング、「七色ジェネレータ」を収録した非売品音楽CD(限定7万7777枚)がプレゼントされるなどといった特典がある。

特典となる、限定7万7777人のキャンペーン特典「七色ジェネレータ」の非売品音楽CD。
特典となる、限定7万7777人のキャンペーン特典「七色ジェネレータ」の非売品音楽CD。
[画像のクリックで拡大表示]

 展示されていた「窓辺ななみモデルPC」に共通の特徴は、窓辺ななみをイメージした16種類のイベントサウンドとオリジナル壁紙から構成されるデスクトップテーマに加えて、本体パネル用のデコレーションステッカーが付属すること。OSはWindows 7 Ultimateで、GENO、グッドウィル、クレバリー、ツクモ、ドスパラ、パソコン工房、マウスコンピューターがそれぞれ販売している。

 ブース内では、各ブランドのPCに直接触れるほか、スタッフによるWindows 7のデモンストレーションも行われ、ライブ開場を待つファンの注目を浴びていた。また、その場から各ブランドのWebサイトにアクセスして予約すると、キャンペーンのCDに加えて、オリジナルデザインのUSBメモリーが付いてくる特典もあった。「この場での予約はまだ少ないが、多くのファンの方に興味を持ってもらっている」(スタッフ)。同様のブースは、大阪(3月20日)、名古屋(3月27日)のツアー会場でも出展する予定だ。

ブース内で予約した人がもらえたオリジナルUSBメモリー(アイ・オー・データ機器製、4GB)。
ブース内で予約した人がもらえたオリジナルUSBメモリー(アイ・オー・データ機器製、4GB)。
[画像のクリックで拡大表示]

ドスパラによるモデルは13.3型液晶のノートPC。天板デザインがさわやか。
ドスパラによるモデルは13.3型液晶のノートPC。天板デザインがさわやか。
[画像のクリックで拡大表示]

パソコン工房は、空をイメージした天板デザイン2種のノートPCを用意。ゲームにも対応するハイスペックモデルだ。
パソコン工房は、空をイメージした天板デザイン2種のノートPCを用意。ゲームにも対応するハイスペックモデルだ。
[画像のクリックで拡大表示]

クレバリーが出展したのは、Atomを搭載した小型デスクトップPC。
クレバリーが出展したのは、Atomを搭載した小型デスクトップPC。
[画像のクリックで拡大表示]

ピンク色が印象的なマウスコンピューターのノートPCは18.4型フルHD液晶を搭載。
ピンク色が印象的なマウスコンピューターのノートPCは18.4型フルHD液晶を搭載。
[画像のクリックで拡大表示]

ツクモによるミドルタワーデスクトップ。ステッカーはまだ貼られていなかった。
ツクモによるミドルタワーデスクトップ。ステッカーはまだ貼られていなかった。
[画像のクリックで拡大表示]

GENOが出展したのは、明るいデザインの12.1型ネットブック。
GENOが出展したのは、明るいデザインの12.1型ネットブック。
[画像のクリックで拡大表示]

1600×900ドット、15.6型液晶を搭載したグッドウィルのモデルは落ち着いたデザイン。
1600×900ドット、15.6型液晶を搭載したグッドウィルのモデルは落ち着いたデザイン。
[画像のクリックで拡大表示]