PR


 MM総研は2010年4月22日、2009年度における携帯電話端末の国内出荷概況を発表した。

 2009年度(2009年4月から2010年3月)の国内における携帯電話端末の総出荷台数は、3444万台で、前年比4%減と通期では2年連続の減少となった。一方で半期別出荷台数は2009年度に入り、2半期連続で上昇していた。メーカー別の出荷台数シェアは、シャープが前年比9.5%増の903万台(シェアは26.2%)で2005年度以降5年連続の1位となった。2位以下は520万台(同15.1%)のパナソニック モバイルコミュニケーションズ、518万台(同15%)の富士通と続く。iPhoneを販売するアップルは7位で、169万台(同4.9%)となっている。

 2009年度はスマートフォンの出荷台数が急増し、234万台(前年比113%増)となった。携帯電話端末の総市場から見ると、6.8%に当たる。メーカー別のシェアは、1位がアップルで72.2%、2位がHTC11.1%、3位が東芝6.8%、同率4位がResearch In Motionsとソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズで4.3%となっている。

 MM総研では、2010年度以降はGoogleの「Android」やマイクロソフトの「Windows Phone」を含め、モバイルOSの競争が激化し、スマートフォン市場の拡大傾向は続くという見解を示した。さらに2010年度にはスマートフォン市場は300万台規模に達すると予測している。