PR

 NTTドコモは2010年5月18日、携帯電話の2010年夏モデルと、健康管理に利用できる新サービス「i Bodymo」を発表した。夏モデル20機種のうち、3機種がスマートフォン、6機種がファッションブランドなどとのコラボレーションモデルだ。5月21日から順次発売する。i Bodymoは、携帯電話のGPS機能や歩数計機能などを利用して健康管理をサポートするサービス。開始は5月21日からで、月額使用料は157.5円となる。

 同社の山田隆持社長は、夏モデルのポイントとして「スマートフォンの充実」を挙げた。折りたたみ型のAndroid端末「LYNX SH-10B」は、5型のタッチパネル液晶(960×480ドット)とキーボードを搭載。スライド型のWindows Mobile端末「dynapocket T-01B」は、約4.1型のタッチパネル液晶(640×480ドット)と、QWERTYキーと呼ばれるキーボードを搭載している。約122gと小型軽量化した「BlackBerry Bold 9700」も発表した。同社のスマートフォンのラインアップは、今回発表した3機種を合わせて、8機種となる。2010年夏には、自分にあったスマートフォンを選ぶアドバイスを受けられたり、実際に触って試せる「ドコモ スマートフォンラウンジ(仮称)」を東京・丸の内にオープンする予定だという。

 また同社は、ドコモのスマートフォン向けに「spモード」サービスを9月から提供予定であることを明らかにした。iモードのメールアドレスを利用できるほか、同社が提供するスマートフォン向けコンテンツマーケット「ドコモマーケット」で購入したコンテンツ決済を、携帯電話の利用料金と一緒に支払える。ドコモマーケットのコンテンツ数は、現在100コンテンツほどだが、年度内には700コンテンツほどに増やしたいとしている。グーグルが提供する「アンドロイドマーケット」など、ドコモマーケット以外の決済も、対応を検討する。現時点で対応予定機種は、今回の夏モデルでは「LYNX SH-10B」「dynapocket T-01B」の2機種、既存モデルでは「Xperia SO-01B」「SC-01B」。

 「My Favorite」をテーマにデザインに注力したことも夏モデルのポイント。豊富なカラーバリエーション、6機種のコラボレーションモデルを展開する。今回発表したコラボレーションモデル6機種は、デザインスタジオ「Studio Conran」モデルの「L-04B」、ファッションブランド「EMILIO PUCCI」モデルの「SH-08B」、インテリアブランド「Francfranc」モデルの「N-05B」、テキスタイルからファッションまでを展開する「marimekko」モデルの「SH-02B」、デザイン家電ブランド「amadana」モデルの「N-07B」に加え、「P-05B」4モデル中1モデルが、ハンドバッグを始めとするファッションブランド「Kate spade new york」モデルとなっている。

 機能面では、「F-06B」と「SH-07B」がフルハイビジョン動画撮影に対応した。ほかにも、携帯電話をWi-Fiのアクセスポイントとして利用できる「アクセスポイントモード」の対応機種を増やした。ノートパソコンやポータブルゲーム機などのWi-Fi対応機器と接続できる。従来は接続できるのは1台までだったが、最大4台までの同時アクセスが可能となった。

 新サービス「i Bodymo」は、携帯電話を利用して健康をサポートするサービス。日々の歩数を計測したり、GPS測位による位置情報でジョギングの距離やペースを計測したりして、記録できる。歩数やジョギングの実施回数で進行するゲームもある。また、食事のメニューを入力すると栄養バランスやカロリーを記録できる。メールでのアドバイスもあるという。同社のCMキャラクターを務める女優の堀北真希さんは、サービスを試したところ「簡単に食事の栄養管理ができて便利だった」と感想を述べた。同じく同社CMキャラクターで俳優の岡田将生さんも「歩数でゲームができるので、楽しく歩ける」と話し、それぞれ新サービスをアピールした。