PR

 東京都内約600店の書店でつくる東京都書店商業組合とACCESSは2010年5月27日、共同運営する電子書籍サイト「Booker's」を拡充し、iPhone/iPad、Android、iモード端末向けに電子雑誌の有料販売を開始すると発表した。6月のスタート時の取り扱いは情報誌や趣味系雑誌など約10誌。出版社に参加を呼びかけて、順次追加してゆく計画。

 Booker'sは、出版社からデータを受け取って携帯電話向けコンテンツを作成、販売する事業を展開している。新サービスは、新たに電子雑誌をラインアップに加え、App StoreやAndroid Market、iモードサイトを経由して販売する。当初参加したのは「東京カレンダー」(アクセス・パブリッシング)、「河」(角川春樹事務所)、「poroco」(コスモメディア)、「荷風」(日本文芸社)、「住まいの設計」(扶桑社)など。

 コンテンツは、ACCESSのビューワーソフト「NetFront Magazine Viewer」を利用して、雑誌をめくるように操作でき、文字の拡大も可能。また、電子書籍ならではの特徴として、サムネイル表示から読みたいページを探したり、紙面上の電話番号をクリックして電話をかけることもできる。販売価格は電子雑誌ごとに異なる。

 Booker'sは2008年10月にオープン。3キャリアの携帯電話に対応し、現在、文芸書や実用書など約2万1000タイトル、コミック約1万2000タイトルを揃えている。また、加盟書店と連携して、書店店員による書評や書店イベント情報、売り上げランキングなどを提供。“デジタルとリアル”を融合したサービスを展開している。(鴨沢 浅葱=Infostand)