PR

 レノボ・ジャパンは、11.6型HD(1366×768ドット)液晶のモバイルノートパソコン「ThinkPad X100e」の量販店向けモデルを2010年6月18日発売する。新たにデュアルコアCPUを搭載してパフォーマンスを強化した。価格はオープンで、予想実勢価格は6万9000円前後。

 X100eは、米AMDのノート向けプラットフォームを採用した低価格のシリーズで、グラフィックス機能内蔵の「AMD M780G」チップセットを搭載する。量販店モデルでは、CPUをデュアルコアのAMD Athlon Neo X2 L335(1.6GHz)に変更した。

 そのほかの仕様は、メインメモリーが標準2GB(最大4GB)、HDDは320GB。標準の6セルバッテリーで最大約5.5時間駆動する。また標準でWiMAX通信モジュールを内蔵しており、付属ソフト「Access Connections」で、WiMAX基地局を自動検出してサービス選択とユーザーが登録できる。

 OSはWindows 7 Home Premium(32ビット版)。本体寸法は幅282×奥行き209×高さ15~29.5mm、重さは約1.5kg。本体色は「ミッドナイトブラック」「ヒートウェーブレッド」の2種類。