PR

 Android向けアプリケーションの開発コンテスト「Android Application Award 2010 Spring」の表彰式が2010年6月24日に開催され、大賞1作品、優秀賞3作品を含む8作品が発表された。大賞はタオソフトウェアの「tWakeUpCallMaker」が受賞。優秀賞ははてなの「はてなモノリス」、アスカラボの「フォントロイド」、ANALOG TWELVEの「待ちぴったん」が受賞した。

 Android Application Awardは、Android向けアプリケーションの開発を支援する目的で日経BP社 ITproが主催したもの。第1回となる今回は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、NTTドコモが特別協賛し、日本Androidの会が後援した。

 エントリーされたアプリケーションの数は340。その中で大賞に選ばれたのは、タオソフトウェアの「tWakeUpCallMaker」だった。このソフトは、目覚まし時計を作成するアプリ。作成した目覚まし時計アプリはメールなどに添付してほかのユーザーに送信できる。同コンテストの審査委員長を務めた日本Androidの会の丸山不二夫会長は「一見、単純なソフトだが、自分で作成したアプリを人にあげられるという仕組みがポイント。iPhoneにはできないことだ」と選考の理由を述べた。受賞者のタオソフトウェアは「Android上でAndroidアプリが作れるかというのが元々のテーマ。アプリはたまたま目覚ましにした。単なる目覚ましアプリと思われるかと思ったが、ねらいを理解してもらえたのが嬉しい」とコメントを述べた。

 優秀賞は当初2作品の予定だったが、「いずれも甲乙付けがたい」という理由で3作品に拡大された。はてなの「はてなモノリス」は、Android端末内蔵のカメラで、購入した製品、身の回りにある製品のバーコードを読み取り、購買情報、所有情報としてWebサイトに投稿できるアプリ。アスカラボの「フォントロイド」は、タッチパネルに手書きした文字をオリジナルのフォントとして登録、共有できるアプリだ。ANALOG TWELVEの「待ちぴったん」はユーザー2人の現在位置から中間地点を待ち合わせ場所として挙げたり、その場までナビゲーションしたりできる。

 学生による作品の中から選ばれる学生賞は、筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻に在学中のJoão Orui氏が作成した「通話履歴カレンダー」が受賞した。通話履歴を端末内のカレンダーに保存するアプリだ。選考した脚本家・放送作家の小山薫堂氏がビデオレターで登場し、同賞を審査した感想を「学生が使いたい、周りの人に使わせたいと思うものを作ることで、いい作品ができると思う」と述べた。

 このほか、デザイン性や操作性が優れた作品に送られるルック&フィール賞は、高橋憲一氏作成の「つぶやき文庫」、技術に優れた作品に送られる技術賞はモーションポートレートの「PhotoSpeak」、海外でもヒットすると予想される作品に送られるグローバル賞はテックファームの「PICT RHYTHM」が受賞した。

 なお、同コンテストの第2回「Android Application Award 2010 Winter(仮)」が2010年冬に開催される予定。詳細は未定だが、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、NTTドコモに加えてKDDIも特別協賛する。