PR

 エグゼモードは2010年6月28日、USBでパソコンと接続して静止画や動画を取り込めるデジタル顕微鏡「aigo GE-5」を発売した。光学180倍までの拡大撮影に対応し、工業用テストなどの本格的な用途のほか、教育、マイクロスコープの入門などに利用できる。直販オンランショップで販売し、直販価格は1万9800円。

 中国のPC周辺機器メーカー北京華旗資訊数碼科技有限公司の「aigo」(中国名:愛国者)ブランドの製品。光学60倍レンズを搭載し、付属の拡大レンズを組み合わせて、最大で180倍までの撮影ができる。撮像素子は有効130万画素のCMOSイメージセンサー。

 静止画はJPEGまたはBMPで、動画はAVIで最大毎秒6コマ(プレビュー時は最大毎秒15コマ)の撮影が可能。解像度はいずれも1280×1024ドット。データはパソコンに記録するほか、編集機能で色調補正やサイズ変更ができる。

 光源には白色LEDライトを上下に持ち、段階的に調整できる。電源はUSBバスパワー。対応OSはWindows XP/Vista/7。大きさは幅124×奥行き188×高さ186mm、重さ約1.0kg。フリービットが無料配布するサーバーソフト「ServersMan@Desktop」を使えば、画像をリアルタイムで共有してiPadやiPhone、Xperiaなどからも見られる。

 オンランショップの「EXEMODE E-SHOP」「エグゼモードアウトレット楽天市場」「エグゼモードアウトレットストア(Amazonマーケットプレイス内)」の3店で販売する。