PR

 プラネックスコミュニケーションズは、IEEE 802.11n準拠の無線LANルーターと超小型USB無線LAN子機2個をセットにしたファミリー向けセット製品「MZK-WNHPU2」を2010年7月上旬に発売する。3000台の数量限定。価格はオープンで、同社の直販サイト「PLANEX Direct」での価格は7350円。

 エントリーモデルの無線LANルーター「MZK-WNH」(直販価格5250円)とUSB無線LAN子機「GW-USMicroN2W」(同2100円)2個をセットにした家庭向けパッケージ。買ったその日に、家中のパソコンをまるごと150Mbps(理論値)の高速無線LAN化できるという。

 MZK-WNHは、文庫本程度の大きさのコンパクトな無線LANルーター。マルチSSID機能を搭載して、パソコンと携帯ゲーム機、無線LAN対応携帯電話などセキュリティレベルが異なる機器を同時に接続できる。また、IPv6ブリッジ機能などを搭載する。幅34×高さ161×奥行き114mm、重さは約50g。

 G-USMicroN2Wは、パソコンのUSB端子に装着した時の飛び出し部が15mmになるコンパクト子機。インターネット接続したパソコンを無線LANアクセスポイントにする「ソフトウェアアクセスポイント」機能を備える。PSPでオンラインプレイできる「XLink Kai」の公式推奨品。