PR

 富士フイルムは2010年7月21日、デジタルカメラ「FinePix」シリーズの新製品を発表した。一眼レフ並みの最速0.158秒でピントを合わせられる「瞬速フォーカス」や360度のパノラマ写真が撮れる「ぐるっとパノラマ360」などの機能を搭載した5機種をそろえる。

 新製品のうち、「FinePix F300EXR」と「FinePix Z800EXR」には4つの新機能を搭載した。「瞬速フォーカス」は、撮像素子上に被写体との距離を測定する「位相差画素」を配列。一眼レフで採用している位相差検出方式を実現した。これによって、最速で0.158秒の高速オートフォーカス(AF)が可能になった。なお、明るい場所では位相差AFを、暗い場所では従来機と同じコントラストAFを使い分ける。

 「ぐるっとパノラマ360」は、シャッターボタンを押した後、カメラを縦/横方向に振ることでパノラマ写真を撮影できる機能。撮影する角度は120度、240度、360度から選択可能だ。

 手ぶれ補正機能も強化した。従来から補正の対象だった細かい手ぶれに加え、体全体が動くようなゆったりとした大きな手ぶれも補正する。これによって、ズーム時や動画撮影時にも効果が感じられるようになるという。

 さらに、撮影した画像をキオスク端末やネットサービスを利用してプリントするユーザー向けに「フォトブックアシスト」機能を追加。フォトブックにしたい画像をカメラ内であらかじめ選択しておき、同機能に対応したキオスク端末やネットサービスを利用すると、選択された画像のみが読み出される。

 各機種の特徴は次の通り。FinePix F300EXRは、光学15倍ズームレンズを搭載した高倍率ズーム機。2つのレンズ群を鏡胴内でスライドさせて収納することで、厚みを最薄部22.9mmに抑えながらも、35mmフィルム換算で24~360mm相当の撮影を可能にした。発売は9月4日。実売想定価格は約4万5000円。

 FinePix Z800EXRは、3.5型のタッチパネル液晶を採用した機種。カメラを縦や横に構えると、それに合わせて画面表示の向きが自動で回転する「タテヨコオート」機能や、画面を上下2画面に分割し、それぞれに別々の画像を表示する「2画面サクサク再生」機能を備える。発売日は8月7日。実売想定価格は約3万3000円。

 このほか、女性を強く意識したデザインで、ハイビジョン動画撮影機能やYouTubeへの画像/動画アップロード機能などを重視した「FinePix Z80」(実売想定価格は約2万5000円)、価格を抑えた「FinePix JX280」(同約1万5000円)、光学18倍ズームを搭載した「FinePix S2800HD」(同約3万円)がある。これらの発売日はいずれも8月7日。