PR

 ロシアのセキュリティ企業カスペルスキー研究所は2010年7月22日、公式ブログにおいて、長期休暇中はノートパソコンなどのセキュリティに注意を払うよう呼びかけた。

 同社のセキュリティ専門家によれば、長期休暇中の旅行先などで利用するネットワーク環境では、ウイルスに感染する危険性が高いという。一例としてその専門家は、自分が宿泊したホテルのネットワーク環境を挙げている。

 そのホテルの無線LANサービスでは、インターネットに接続しようとすると、課金のためのWebサイトに誘導される。ホテルが用意しているそのサイトは、「ガンブラー攻撃」によってWebページが改ざんされ、ウイルスに感染させるような「わな」が仕込まれていたという。

 幸い、同ホテルでは情報セキュリティに関する会議が開催されていて、セキュリティの専門家が多数滞在していたために、被害が出る前に「わな」が検出され、Webサイトは速やかに修復された。もしそういった会議が開催されていなければ、多くの宿泊客が被害に遭っていただろうという。

 加えてその専門家は、長期休暇に関する情報を「Facebook」や「Twitter」といったソーシャルネットワークに書き込むユーザーが多いと指摘。自分が不在の時期を不特定多数に知らせることになり、犯罪のターゲットにされる危険性があると警告する。

 以上のように、長期休暇の際には、通常とは異なるセキュリティ問題が発生する危険性がある。そこで同専門家は、長期休暇をより安全に過ごすための注意点を以下のように挙げている。

旅行に出かける前の注意点
・旅行などに出かけることをソーシャルネットワークに書き込まない
・持参するノートパソコンに、最新のセキュリティパッチを適用しておく

旅行先での注意点
・ウイルス対策ソフト(セキュリティ対策ソフト)を絶えず最新の状態にしておく――旅行先などのネットワークには何が潜んでいるか分からない
・常識を働かせる――どうしても必要な場合で、なおかつ利用しているネットワークが安全だと確信できる場合のみ、クレジットカード番号やパスワードなどを入力する(送信する)
・セキュリティを気にする場合には、自動的に起動されるアプリケーション(インスタントメッセンジャーなど)を無効にする――ユーザーIDやパスワードが勝手に送信されないようにして、第三者に盗聴されることを防ぐ

旅行から戻ってきてからの注意点
・持ち出したパソコンで仕事を始める前に、ウイルスチェックやパッチ適用を実施する