PR

 エヌビディアは2010年8月30日に、高校生および高等専門学校生を対象としたCUDAのプログラミング講座「NVIDIA CUDA サマーキャンプ2010」を開催する。参加費は無料で、定員は50人。参加には基礎的なC言語でのプログラミング能力があることが条件となる。

 CUDAサマーキャンプの開催は2009年に続き、2回目。「昨年参加した高校生の反響が大きく、イベントやメールで今年の開催を要望する声が大きかったため、2010年も開催することにした」(エヌビディア広報の中村かおり氏)という。CUDAは、NVIDIAのグラフィックスチップを汎用演算に使うための技術および、C言語ベースのプログラミング統合開発環境。ゲームなどのアプリケーションソフトに加え、科学技術分野や金融分野向けのアプリケーションも開発されている。

 講師はGPU(グラフィックスチップ)コンピューティングを研究している、東京工業大学学術国際情報センターの青木尊之教授と、CUDA関連の開発に携わる、フィックスターズのエンジニア田川慧氏。参加特典として参加者全員に書籍「はじめてのCUDAプログラミング」をプレゼントするほか、エルザジャパンのグラフィックスボード「GLADIAC GTX 460 1GB」や日本エイサーの液晶ディスプレイ「S243HLbmii」が当たる抽選会を実施する。