PR

 スカイコムは2010年8月6日、PDF作成・編集・閲覧ソフトの最新版「SkyPDF Professional 2010」「SkyPDF Standard 2010」の販売を開始した。Windows 7に対応したほか、独自の高速表示エンジンと無駄を排除したプログラミング技法によって、高速表示と省メモリーを両立させたという。無償試用版をWebサイトからダウンロードできる。

 国際標準化機構(ISO)のISO標準「ISO32000-1」に準拠し、JIS規格「長期署名フォーマット(RFC3126)」に対応する「SkyPDF」シリーズの新ラインアップ。PDF表示速度を最大16倍に高速化し、メモリー使用量は最大207分の1に抑えた。AES 128/256ビット暗号化に対応し、長期保存を目的とする標準「ISO19005(PDF/A)」への対応も追加。ユーザーインタフェースも改良した。

 Professional 2010は、PDF文書内のテキストを直接編集できる機能を搭載。また、プラグインに対応し、セキュリティ機能などをオプションで追加できる。追加できる機能は、マイクロソフトの文書保護サービスであるRMS(Rights Management Services)サーバーとの連携ソリューション「RMS Client License」、長期保存署名機能「Plugin Archiving Signature」、有効期間や閲覧回数を制限できる独自機能「Plugin TimerPDF」がある。今秋までに順次リリースする予定。Standardは基本的な編集機能のみを備える。

 対応OSはWindows XP/Vista/7。販売パートナー経由などで販売する。参考価格(税抜き)は、Professionalが9000円(1ライセンス)、Standardが5000円(同)。従来版向けアップグレードパスや官公庁向けガバメントライセンスも用意する。