PR

 米インテルは2010年8月19日(米国時間)、セキュリティ大手の米マカフィーを買収することで合意したと発表した。マカフィーの全普通株を約76億8000万ドル(1株あたり48ドル)で取得。マカフィーはインテルの完全子会社となる。インテルにとっては過去最大の買収となる。

 インテルは、セキュリティ・ソフトウエアとハードウエアの組み合わせを単一の企業が提供することで、より強固なセキュリティ環境を実現すると説明。「これまでコンピューティングの必須条件は、電力効率に優れた性能とインターネット接続だったが、今後はセキュリティがこれらに続く第3の柱になる」(ポール・オッテリーニCEO)としている。

 両社の取締役会は全会一致で買収を承認しており、今後、マカフィー株主の承認、規制当局の認可などをへて手続を完了する予定。

 マカフィーはインテルのソフトウエア&サービス事業本部の傘下に入る。両社は、クラウド・ネットワークや日常生活で利用されるコンピューターとデバイスのセキュリティを堅固にするため、将来の製品コンセプトを共同研究するとしている。