PR

 ソニーは2010年8月24日、「透過型ミラー」を世界で初めて採用したデジタル一眼レフカメラ「α55」「α33」を発表した。一眼レフの反射ミラーを半透明にし、固定することで、高速なオートフォーカスを実現する。ファインダーは電子式になる。α33は秒間7コマ、α55は秒間10コマという、普及モデルながらもプロ向け機種並みの高速連写を実現した。1080i(1920×1080ドット)のハイビジョン動画を撮影し、AVCHD方式で記録できる。

 両モデルの違いは撮像素子などで、α55が約1620万画素なのに対し、α33は約1420万画素。価格は18-55mmのレンズ付きの場合で、α55が約9万5000円、α33が8万円。いずれも9月10日に出荷する。

 同社は、透過型ミラーを使った独自技術を「トランスルーセントミラー・テクノロジー」(以下、トランスルーセントミラー)と名付け、今後開発するαシリーズにも積極的に採用したい考え。トランスルーセントミラーは、高速連写時だけでなく、動画撮影中にも、高速にオートフォーカスが効くメリットがある。

 「ビデオカメラでは難しいとされる高速に動く被写体でも、ピントを高精度に合わせ続けながら動画を撮影できる」(勝本徹事業部長)。加えて、ミラー周辺部の構造が簡素化されるため、小型軽量化もしやすい。旧モデル「α550」と比べて、α55は容積で約23%小さく、重量も約26%軽くなった。

 通常の一眼レフカメラは、撮像面の直前に反射ミラーが備え付けられ、レンズがとらえた光を上方向に反射させることで、光学ファインダーに映し出す。シャッターを切った瞬間だけ、ミラーが跳ね上がり、光を撮像素子やフィルムに取り込む仕組みだ。

 α55/α33ではミラーは常に固定され、ミラーを介して常に撮像素子に光が当たる。ミラーが上がったり下がったりしない分、高速連写が可能になる。半透明ながらも光を反射するため、ミラー上部に配置したオートフォーカスセンサーにも常に光が当たる。オートフォーカス機能が常に働き続けるおかげで、連写や動画撮影時にも高速にピントが合う。

 秒間7~10コマの高速連写は、子供の運動会やスポーツなど、決定的な場面を逃したくないシーンで有効。また、独自の画像合成機能にも役立てている。6枚の写真を連写してこれを合成することで、夜景を手ぶれを抑えて美しくノイズも少なく撮影できる。「スイングパノラマ」機能も搭載しており、カメラを上下または左右に振りながら連写した画像を、1枚のパノラマ写真として合成できる。

 α55/α33の電子ファインダーは、αシリーズとして初めて採用した。背面液晶は旧モデルから改良を加え、縦方向180度、横方向270度に回転可能になった。なおα55は、GPS(全地球測位システム)機能を内蔵しており、位置情報を撮影データに記録できる。