PR

 日本ベリサインは2010年8月25日、同社のワンタイムパスワード(OTP)認証サービスが、PC向けゲームポータルサイト「ハンゲーム」に採用されたと発表した。通常のID・パスワードと、携帯電話を通じて発行する使い捨てのワンタイムパスワードを併用することで、より安全なサービスとなる。利用は無料。

 ハンゲームは、NHN Japanが運営するPC向けインターネットゲームポータルサイトで、220種類以上のさまざまなゲームやコミュニティサービスを提供。PC、携帯電話、スマートフォンそれぞれからアクセスして利用できる。最も多いPC向けは、登録IDが3553万、同時接続ユーザーが16万6000にのぼる大規模サービスとなっている。

 今回、「ベリサイン アイデンティティプロテクション(VIP)オーセンティケーションサービス」を新たに導入した。携帯電話やスマートフォンを「トークン」として、6けたのワンタイムパスワードを発行するサービスで、事前にハンゲームのWebサイトにトークンIDを登録しておく。

 携帯電話はiモード、EZweb、Yahoo!ケータイ対応のほぼすべての端末に対応。ブラウザーで専用サイトにアクセスして携帯電話のPINを登録するとトークンIDを取得できる。スマートフォンは、専用のトークンアプリをインストールする。iPhoneはApp Storeから、Android端末はAndroid Marketからアプリをダウンロードする。

 利用は、PCからハンゲームにアクセスするとき、通常のID・パスワード認証のあとに、発行されたワンタイムパスワードを入力する。

 国内のオンラインゲームでのVIPオーセンティケーションサービスの採用は2009年12月のコーエーに続く2例目となる。