PR

 米Appleは9月1日(現地時間)、米サンフランシスコで開催したプレス向けのイベントで新しいiPodのラインアップを発表。より小型化し、タッチパネルを新採用したiPod nanoや、高解像度のRetinaディスプレイを搭載したiPod touch、そして本体ボタンが復活したiPod shuffleを披露した。音楽管理ソフトのiTunesもバージョン10へとアップグレードされ、音楽SNSのPingなどの新機能が追加された。

 今回のスペシャルイベントではじめに発表されたのは、iOS 4.1。iPhone向けOSの新バージョンで、新たにHDR写真の撮影やGame Center、HDビデオのアップロードなどがサポートされる。HDR写真は、複数の写真を合成して明暗の差が大きい場面を1枚の画像に記録する技術。これまでもサードパーティー製のアプリを用いて撮影可能だったが、純正のカメラ機能に統合された。Game Centerは、ネット対戦のマッチメイクをしたり、ランキングを出してくれる、ゲーム向けの機能。以前から紹介されていたが、ようやく実装される。ほかにもiOS 4.1では、iPhone 3Gで動作が遅くなる問題も解決されるよう。今週中に登場予定。

 さらにその次のiOS 4.2もちょっとだけプレビュー。4.2ではiPadに対応するほか、WiFi経由の印刷、WiFi経由でデバイス内の音楽や動画、写真をストリーミング配信できるAirTunesなどを搭載。こちらは11月のリリースとなる。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

続きはTRENDYnetで