PR

 サイバーステーションと日本サムスンは2010年9月7日、デジタルサイネージサービス「ハルヱとケイジ de デジサイン」を発売すると発表した。サイバーステーションが販売するクラウド型デジタルサイネージシステム「デジサイン」に、日本サムスンが販売するディスプレイ「ハルヱとケイジ」を使うための専用ソフトを共同開発。9月29日から販売を開始する。

 ハルヱとケイジ de デジサインの主なサービス内容は、コンテンツの作成、運用、配信、管理など。設置場所や時間帯に合わせてクライアントごとに配信内容を変えることもできる。既存のデジサインは、800件の導入事例があるという。サイバーステーションの福永泰男社長は、「成長するデジタルサイネージというコンセプトだったため、クラウド型のデジタルサイネージにこだわってきた」と、顧客の要望など随所に対応できるクラウド型デジタルサイネージのメリットについて語った。

 今回発売するハルヱとケイジ de デジサインでは、専用ソフトを日本サムスンと共同開発しており、管理画面操作はリモコンで行える。また、従来のデジサインは横型のみの対応だったが、縦形にも対応した。

 月額利用料は1ライセンス当たり5250円からで、別途初期費用4200円、ハードウエア費用が掛かる。年間販売台数は3000台を目標とする。